ベルト伝動・精密搬送の実用設計

belt_book01内容紹介
最近のIT関連技術のような長足の発展はないが、ベルト伝動技術は歯車やチェーンと同様に、動力伝動・回転伝達用機械要素として不可欠の存在であり、機械工業を支える基盤技術の一つであることに変わりはない。1996年にベルト伝動技術懇話会編「ベルト伝動の実用設計」が発刊されてから10年が経過したが、その後この書物に代わるものは出版されていない。この分野の技術も進展しており、当懇話会では新しい観点から最新のベルト伝動技術をとりまとめ、機械設計技術者の便宜を図ることにした。

書籍情報
単行本:197ページ
ISBN-10:4842503874
ISBN-13:978-4842503875
発行日:2006/09

第1章 伝動ベルトの種類とその選定(ベルトの種類ベルトの選定)
第2章 摩擦ベルト伝動の実用設計(摩擦ベルト伝動の一般的理論各種掛け方とベルト長さ、接触角の計算方法 ほか)
第3章 歯付ベルト伝動の実用設計(かみ合いと挙動ベルト選定の考え方 ほか)
第4章 精密搬送ベルトの実用設計(ベルト挟持搬送の基礎バキューム搬送 ほか)
ベルト伝動技術論文集2007
belt_cd01

内容紹介
ベルト伝動技術懇話会の会員が日本機械学会、自動車技術会、日本ゴム協会誌、アメリカ自動車技術会、アメリカ機械学会などに投稿し、掲載されたベルトに係る技術論文をまとめて掲載しました。

掲載分野

伝動メカニズム、騒音、寿命、伝達誤差、荷重分担、片寄りなど

ベルトの種類

Vベルト歯付ベルト、CVTなど

収録雑誌名

日本機械学会論文集、自動車技術会論文集、日本ゴム協会誌、アメリカ自動車技術会、SAE Paper、Transactions of the ASMEなど

収録期間

1971~2006年

動作環境

プラットフォーム:Windows,Macintosh
メディア:CD-ROM
発行日:2007/02