ベルトはその形状と構造,用途によって分類することが出来ます.

動力伝達用のベルトの場合,その伝達形態には”摩擦伝動”と”かみ合い伝動”の2種類があります.それぞれ伝動形態とベルトの種類は以下の通りです.

  1. 1.摩擦伝動
    平ベルトVベルトVリブドベルト
  2. 2.かみ合い伝動
    歯付ベルト

以下にそれぞれの外形と特徴を示します.

平ベルト

flat_belt高速回転に適する
プーリ径で使用可能
伝達効率が高い

一般的な平ベルトの種類

 

Vベルト

V_belt豊富な構造や形状
スリップによる機械の保護
伝動容量が高い

変速用Vベルトの種類

Vリブドベルト

Vribbed_belt多軸伝動でも使用できる
伝動容量が高い
コンパクトな設計が可能

 

歯付ベルト

cogged_belt低騒音
位置決め精度が高い
回転ムラ精度が高い

歯付ベルトの歯形の種類

それぞれのベルトのより詳細な種類についてはこちらをご覧ください.