Vベルトの掛け本数を少なくした場合、省エネ効果は見込めますか?
Vベルト4本掛けを2本掛けにした場合、軸受の損失が減ることなどで省エネ効果は見込めますか?4本掛けより2本掛けのほうが張り荷重低減や軸受負荷が低減できると考えています。専門業者によりベルト本数の再計算をした結果、2本掛けでOKとの回答があり、プーリ交換を検討しています。機器はFANで、ベルト径やプーリ径は現状と同じものに交換を考えています。以上、よろしくお願いいたします。
ベルト設計にて、取付張力が低くできるのであれば、軸受け損失が低減されることで省エネ効果は期待できます。ベルト自身もプーリ部の曲げと、スパン部で直線状になることでゴムの変形によるロスが生じています。そのため、4本から2本になることでベルトの損失が少なくなります。以上のことから今回のケースであれば、省エネ効果が見込めると考えられますが、その効果代は運転条件やベルト張力により変わりますので実機でのご確認検証を推奨いたします。

この回答は参考になりましたか?良ければクリックください参考になった
Loading...