T型ベルトのメリットについて
搬送ベルトの種類として、平ベルトと似た物として、T型ベルトがありますが、T型ベルトの特徴、平ベルトに対するメリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?
断面がT型との情報に対して、一般的な平ベルトと比較して回答させていただきます。

比較 メリット デメリット
寿命1 シームレス製品だと思いますので、接続部からの故障が無く長い寿命が期待できます。 成型品ですので、既存の金型のサイズしか製作できません。新規案件に対しては金型の製作及び費用が発生します。
寿命2 T型の溝に入る正方形、もしくは台形の樹脂、もしくはゴムが溝の側面との接触で摩耗し易く、製品寿命を短くします。また、摩耗粉が異物となり、機械の内部、及び媒体の汚染要因となります。
寿命3 T型の方が中心部の曲げ剛性が大きくなり、搬送面並びに蛇行防止ガイド部でのクラックの発生により寿命が短くなることがあります。
価格 特殊仕様になりますので、どうしても高価になります。
納期 受注生産になりますので納期が掛かります。そのため、在庫等の負担が掛かります。
搬送 シームレスですので、スキューなどの接続部での不具合が少なくなります。
蛇行 プーリの溝に入ることにより、走行安定性を得ることが出来ます。 寿命-2にも記述しましたが、T型の蛇行防止ガイド部分が摩耗すると効果が減少します。これが生じる要因として、溝との寸法の取り合い不良や、高速仕様により起こり易くなります。

以上,平ベルトとT型ベルトについて,一般的な比較検討を行いましたが,T型ベルトに関するプーリの形状、レイアウトなどの機構や、ベルトの寿命及びそれに起因した問題など、専門的な事項につきましては、直接、T型ベルトのメーカにご相談ください。