ベルトの本数について
業務用空調機のVベルトですが、現在二本掛けのプーリーに対してVベルト1本で運用しています。すぐに振動が出て、ベルトが片減りしたりしてしまいます。やはり二本がけのプーリーに1本で運用するのは好ましくないのでしょうか?業者で芯を出してベルトを変えてもすぐにまた振動がはじまってしまいます。業者も原因がわからないようで非常に困っています。宜しくお願い致します。
ご質問では詳しい使用条件が不明ですので推定になりますが、2本掛けのプーリが装着されているとのことより、設計時にベルト必要本数が2本であった可能性が高いと思われます。本来2本必用なベルトシステムをベルト1本で駆動しますと伝動容量が不足して早期摩耗につながり、さらに早期摩耗からベルト張力が低下し、ベルトの振動も大きくなったものと思われます。ベルトの振動はプーリの摩耗やミスアライメントまたそれらが複合することによっても発生しますので、メーカに確認されることをお勧めします。
また、今回、ベルトの片減りが見受けられるとのことですので、機械側にミスアライメント等が発生していることも考えられます。そのため、先ず空調機メーカに、機器の点検を依頼すると共に正規のベルト本数を確認されることをお勧めします。
なお、ご使用条件が分かっている場合は、ベルトメーカのホームページにはベルト設計計算ができるケースがございますので、合わせてご確認ください。
2 votes, average: 1.00 out of 1 2 人が参考になったと評価しました
この回答は参考になりましたか?良ければクリックください参考になった
Loading...