プーリ溝角度がベルト角度が異なる場合どうなりますか?
Vベルトプーリ溝角度がベルト角度よりも狭い場合と広い場合で、どのような問題が心配されますか?
Vプーリの溝角度が狭すぎる場合、ベルト心線層での接触が強くなり、剥離の発生が心配されます。また、ベルトの側圧変形が大きくなります。
Vプーリの溝角度が広すぎる場合、底ゴム層での接触が強くなり、底ゴムの摩耗および亀裂が心配されます。また、ベルトが振動したときの横転や脱落の可能性もありますので、注意が必要です。
Vプーリの溝角度についてはJIS規格(JISB1854)をご参照ください。