プーリ溝の表面粗さ測定について教えてください

 

Vベルトの脱落が起き、プーリー溝の表面粗さを測定することになったのですが、
表面粗さ計を普通に使っていては、測定がうまく出来ませんでした。
何か良い方法Or冶具等はありますでしょうか。溝の角度は42°と38°です。
プーリ溝の表面粗さは、表面(粗さ)計による測定が一般的な方法となっております。また、市販されているもので測定可能と考えております。ただ、今回のご質問では、「表面粗さ計でうまく測定できなかった」とだけが述べられて、測定方法や測定結果などが示されておらず、状況がわかりかねます。図1のように周方向に測定すると、どこの粗さなのか判別できませんので、図2のようにプーリ溝のベルトとの接触面が円錐状になっているプーリ半径方向の粗さを測定され、それがうまく測定できなかったと推察させて頂きます。

図1

図2

 

 

 

 

 

この場合、図2中の赤い部分のような治具を使い、測定するケースがあります。ただ、測定対象物が小さいため所定の測定長さを確保できず、あくまでも参考値となります。

また、示された42°と38°などの溝の角度の摩耗などによる変化は、角度測定機(形状測定機、投影機)や、それぞれの傾きに応じた角度ゲージなどで測定する方法が一般的となっております。しかし、プーリの測定方法として規格化されたものはございません。
なお、ベルトの脱落の原因は、ベルト振動の原因と同じく、プーリのフレ、ミスアライメントプーリ角度不良、プーリ形状不良、ベルトの張力不足も考えられますので、こちらも合せてご確認をお勧めします。自社で測定しにくい場合は、購入されたプーリメーカ等に測定依頼を行えば実施してもらえるケースもございますので、ご確認ください。

この回答は参考になりましたか?良ければクリックください参考になった
Loading...